Last train to Katchor City

The walk to the Kingston Public Library is always wonderful, for what is new and for what is not. You walk the same half-mile loop and see the same trees, the same precarious limbs–you think, hurricane this fall: that one’s coming down–the patch of sand that is the bane of bicyclists, the house with the long walkway where you’ve never seen anyone come and go or a light on at night, yet the house looks lived in and cozy, the historical graveyard that, for God knows why, you’ve never checked out even after sixteen years here, the stupid drivers who never stop on Route 138 to let you or anyone else cross the street, and so on.

The Kingston Public Library, formerly the King's County Courthouse, where the first of two sessions to ratify the Constitution was held, in March, 1790. (The second and determining session was held in May, in Newport.) Observers are fond of concluding that Rhode Island was the last colony to ratify the Constitution due to an admirable and indomitable streak of poltical petulance. Not so. It's just that the roads were so bad no one could get to Kingston and Newport any sooner. They still are. (google image)

So it was, a few days ago, that I looked both ways umpteen times so as not to get flattened, and made it across Kingstown Road. As I stepped up from the roadway to the sidewalk in front of the library,  my eyes grabbed an object that did not belong: a round iron disk, two and one-eighth inches in diameter and seven-eighths inches in depth. Mottled with rust. Heavy, and surprisingly so. Unexpected and attractive. Must take this home, I thought. I was immediately transported–pummeled, is more like it–to the world of Ben Katchor’s comic strips, a  world where objects small and easily disregarded are made to be the linchpins of the universe.

Ben Katchor, artist, urban philospher, and all-around cool guy (Photograph by Barry Munger)

Katchor’s work is essential, in the same way as is the work of, say, Art Spiegelman, John Ford, and Galway Kinnell. Each compels us to look again at the paths we trod, day in, day out, revealing gateways where the mundane and the eternal intersect.

The sound of trapped air escaping. Is it "Geyser brand beef stew with tomatoes," "sentimental spaghetti with hidden meatballs," "premature pears in heavy syrup," or "unconscious picnic ham in its own sweat"? "The end of my spoon is absent," a character muses aloud, dipping a spoon into a hot bowl of pea soup while crossing the street, "but not gone." (from "The Cardboard Valise," New York: Pantheon Books, 2011--used with permission)

I discovered Katchor’s work many years ago during a long spell when I subscribed to The Forward, one of North America’s great newspapers, and saw his weekly strip, “Julius Knipl, Real Estate Photographer.” Katchor’s work is the recreation of a lost world even as it is the creation of a world that never existed. It is where our memories of the teeth of escalators mingle with the shadow play of light in revolving doors, where the look and feel and sound of brittle, yellowed cellophane tape on the pages of old scrapbooks collide with the taste of Christmas ribbon candy, where a man in boxer shorts and paper flip-flops reading a travel brochure about Outer Canthus and the Tensint Islands crosses the street to smack into a vendor of used staples.

Katchor's protagonists, including Elijah Salamis--here seen crossing a windswept corner of Kavanah Avenue, on a cold night in Fluxion City, in his skivvies--are eternally bemused yet knowing, open to unexpected discoveries, confident that every detail of the ever-changing universe has purpose and meaning. (from "The Cardboard Valise," New York: Pantheon Books, 2011--used with permission)

Description is useless. Walk, don’t run–no, wait: better yet, amble–to your nearest public library, and request everything that Ben Katchor has published. Seek him out online. Go to amazon.com or abebooks.com and spend your hard-earned money on his deserving art. His work is an endless delight.

Litter and its shadow, made to be more than important: essential. (from "The Cardboard Valise," New York: Pantheon Books, 2011--used with permission)

So. Here is what I found, in assorted, uncaptioned iterations. Okay, one caption.

You have mail.

 

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

15 Responses to Last train to Katchor City

  1. Ahaa, its nice conversation on the topic of this post at this place at this weblog, I have read all that, so now me also commenting at this place.

  2. Hmm is anyone else having problems with the images on
    this blog loading? I’m trying to find out if its a problem on my end or if it’s the blog.
    Any feed-back would be greatly appreciated.

  3. Hi, Neat post. There’s an issue together with your web site in web explorer, may test this?
    IE nonetheless is the market leader and a large component of
    folks will miss your fantastic writing because of this problem.

  4. We are a gaggle of volunteers and starting a new scheme
    in our community. Your web site provided us with helpful info
    to work on. You’ve performed an impressive activity and our
    entire community will likely be thankful to you.

    My web blog: clumsy ninja gold cheat

  5. スーパーコピーロレックス時計販売はロレックスコピー時計通販専門店です . 0.645558604 ロレックスコピーメンズ完全にアウトアイス4.25カラット特大ブラックダイヤモンドウォッチ . 業界に比類のないロレックスコピー高品質だけでなく、唯一無二のデザインがあり、ロレックス時計コピー入荷の情報に関しましては、当店の入荷ブログにて写真つきで更新しております。 デイトナコピー時計 : http://www.bestevance.com/chanel/29/

  6. 「小さいころから芸術の薫陶を受け、訓練のグロリア-イップ、近年、芸術界やデザイン界作全方位の発展、創作範囲が広く、中には陶芸、絵画、製品設計、包装設計などの異なる領域。地元の芸術としてのデザイン界の活躍の分子、及び香港粘土の芸術学院の創始者の一つで、さまざまなアイデアの開会グロリア-イップも教授芸術コース、及び、多く本芸術や手芸の教育の本。グロリア-イップの創作広く認めて、かつて獲得し多くの芸術賞を主催20度を超える作品展展開を十分に発揮する彼女の芸術と設計の情熱と素質。カルティエコピー時計最近では、有名な腕時計ブランドを務めるグロリア-イップ招かれスイスティソ開催、「旅」をテーマにした「160週年环宇漫遊」設計試合切手の審判で、一方、グロリア-イップも招かれてはイベントデザイン1項の切手。スイスティソ表の厚情に誘われて、令愛する旅行の彼女がいるととても興奮。 http://www.ooobrand.com/bags/hermes/641.html

  7. リンデの心は、彼らのムーンウォッチコレクションに加えていると、はい、あなたが尋ねる)-―がなされるだけで59へ行くことができる前に、月に2日間の29.5-dayサイクル数。 ボッテガヴェネタバッグスーパーコピー 新しいリンデホワイトゴールドとブラックを始めたシリーズの最新の繰り返しで、ゴールド版の刻まれた18 kの形で見続けたで上昇した。スマートな方向に行って、このリンデ 白く見えるパリッとしてすべてのビットとして冷静にその前任者として。 http://www.bestevance.com/rolex/mester/index.htm

  8. 多分、それlum-tecプッシャーのブライトリングのような洗練された技術を使用します。を見るために、ここを読む方法を使用して作成するブライトリング磁石の接触の密売人にそのアベンジャーシーウルフクロノグラフ腕時計。私は、この概念は、内部のリングを回転させるはずのクラウンの設計に変換することができるかどうかわかっていません、しかし、それは彼らのために良いスタートであるかもしれません。もう一つのアプローチは、ヘビーデューティのガスケットのシステムの1つの地獄を使うことです。この時計の開発として、我々は必然的にlum-tecの賢い解決のより良い考えを得ます。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N41100.html

  9. 保温性に優れたダウンジャケット厳しい審査に合格したダウンを採用しているため、真冬でもTシャツ+ダウンジャケットでも充分過ごせる程の非常に高い保温性があります。当店のスタッフも、冬場はダウンジャケットの下は薄手のインナーで過ごしています。本店の商品は100%本物保証!人気の愛であるというモンクレールダウンジャケット マヤを激安通販!2016年冬春モンクレール新作など激安セール。お客様一番の選択と言えます! http://www.fujisanbrand.com/pack/shf/index.html

  10. これは一種の海馬シリーズの腕時計、そのデザインセンスはさかのぼって1956年オメガの「海馬16」記念表項(Seamaster XVI)。ブランドコピー1956年にメルボルンで行われた第16回オリンピック大会を記念としオメガ1957年オリンピックの指定カウントダウンの25週年で、オメガ特別の発表した「海馬16」記念表項。 http://www.eevance.com/News/4b5ce2fe28308fd9.html

  11. それは、内部の回転ベゼルで1000メートル防水のダイバーズウオッチができない多くは言います。IWC時計コピーなぜですか?まあ、それは内部のベゼルを回転するクラウンに関係があります。時間よりも設定でき、クラウンと違ってきつくねじ込まれ高耐水性を確実に、内部のベゼルを調整するための冠を機能的にする必要があり、深い水の中にあった。このジレンマの一部を全くアカデミックな人と住んでいるディープダイブすることさえできませんので。だからあなたは内部のベゼルを300メートルを確実に水の抵抗のために冠を持っていることが理論的には、それからねじ止めとそれを越えてする必要があります。lum-tecじゃないような些細なことに興味を持っています。それは、内部の回転ベゼルで1000 mのダイバーウォッチを作りたいです。ロレックス スーパーコピー私は、彼らが挑戦の攻撃方法を見るのが待ち切れないです。 http://www.eevance.com/tokei/gaga/index.html

  12. リンデの心は、彼らのムーンウォッチコレクションに加えていると、はい、あなたが尋ねる)-―がなされるだけで59へ行くことができる前に、月に2日間のサイクル数。ショパール時計コピー新しいリンデホワイトゴールドとブラックを始めたシリーズの最新の繰り返しで、ゴールド版の刻まれた18 kの形で見続けたfunkierで上昇した。スマートな方向に行って、このリンデ白く見えるパリッとしてすべてのビットとして冷静にその前任者として。 http://www.brandiwc.com/brand-super-18-copy-0.html

  13. ロレックススーパーコピー がリリースしたポルトガル年間カレンダーの新しい動きと有用な合併症にもかかわらず、誰でも喜ばせませんでした。はい、多くの人々は、iwcのポルトガル年間カレンダーが好きでした、しかし、多くの不満を時計のサイズが大きすぎると、それは非常に高価であった。 http://www.brandiwc.com/brand-super-5-copy-0.html

  14. ブレゲ時計ですべてのシリーズの中で、最も直接Classiques経典シリーズを体現したブランドの伝統的価値観と完璧なタブ芸、このシリーズは200年以上の歴史を完璧にブレゲ伝承、それらのシンボル的な特徴が影響した高級腕時計制作史。2011年バーゼルブレゲプラダ カナパ コピー時計展が初めて発表されClassique 5717 Hora Mundi経典シリーズのタイムゾーンの腕時計、ブレゲ経典シリーズの精髄を演繹し。この項表は貴重な材料で作ら:18金やプラチナバラ950。オプション3種類の文字盤:南北アメリカ州、ユーラシア大陸やアジアやオセアニア—-分表世界を代表する一方、国境、計6種類の型番。時計の文字盤は同モデルで中央の藍鋼ブレゲ針の現在の所在指示タイムゾーンの時、分、秒、12時位の日付表示ボックスが同期が3日の日付読取り。一枚の隠しダイヤルを持って円環のマイクロ逆行指針は即時ボックスかも当面の日付を読み、24時間週期でゆっくり滑り。スーパーコピーブランド専門店当日の日付で、右に左からかすめ日付を帯び窓口後、円環の逆行指針は自らジャンプから窓の左側に同じペースで続けと新入生の日の調歩。 http://www.fujisanbrand.com/watch/chanel/index_6.html

  15. 2017年の新素材-新作
    ブランド腕時計、バッグ、財布、小物などでございます専売店
    ★弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう
    ★全物品運賃無料(日本全国)
    ★不良品物情況、無償で交換します.
    ★税関没収する商品は再度無料で発送します!
    ブランド時計コピー品 http://www.kopi356.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *